タグ別アーカイブ: 謝辞

ゲストへの感謝の想いを言葉で表す「謝辞」のマナー(文例)

ゲストへの感謝の想いを言葉で表す「謝辞」のマナー(文例)

披露宴を締めくくる最後の挨拶”謝辞”。披露宴の最後にゲストへの感謝の想いを伝える”謝辞”は一般的に、新郎もしくは親族が行います。こちらでは、「謝辞」の文例やマナーについてご紹介します。

披露宴で新郎新婦が行うスピーチに「謝辞」がありますね。「謝辞」は披露宴を締めくくる最後の挨拶です。

最近では「ウェルカムスピーチ」といって披露宴の開始時に新郎新婦が挨拶するという形を取る事も多くなっていますが、「ウェルカムスピーチ」を行った場合でも披露宴を締めくくる「謝辞」は行うのが基本です。

そこで今回は、披露宴のとりでもある「謝辞」の文例やマナーについてお話してみたいと思います。

 

謝辞は誰がするの?

「謝辞」は、結婚披露宴を主催した人が行うのが基本です。主催者というのは、招待状の送り主を指します。

招待状の送り主には、両親、新郎新婦、新郎新婦と両親の連名など色々なパターンがありますね。両親の名前で出した場合は、新郎の父親が謝辞を述べる事が多くあります。新郎新婦の名前で出した場合には、新郎が挨拶します。連名で出した場合もほとんどの場合は、新郎が挨拶します。

新婦は花嫁からの手紙を読んだりする事が多いので、最後の挨拶は基本的に新郎の役割と考えておいた方が良いですね。

ただ、最近では「新郎の父親からの謝辞」「新郎からの謝辞」の両方を行うというパターンも少なくありません。
これは、披露宴の流れを決める段階で両親などとよく相談した上で決めると良いでしょう。

 

謝辞は何を話せばいいの?

ウェルカムスピーチの場合は、開始の挨拶なので短めにしておく必要がありますが、謝辞の場合はダラダラとならなければウェルカムスピーチよりも少し長めになっても良いと思います。(2~3分程度が平均的なようです)

謝辞なのでゲストへの感謝の想いを伝えるという事を前提にして文章を考えましょう。

まず、新郎以外が挨拶する場合は自己紹介が必要ですね。それから、ゲストへのお礼の言葉、自分の気持ち(親なら親としての気持ちなど)、今後のお付き合いのお願い、結びの挨拶という流れが一番自然かと思います。

 

謝辞の文例

最後に、参考までに謝辞の文例を新郎編、親族編に分けて紹介しておきたいと思います。
あくまでも文例ですので、これを参考にゲストへの感謝の想いとこれからの決意を込めた素敵なスピーチを考えてみて下さい。

 

【新郎編】
本日はお忙しい中、私たち2人のために大勢の皆様にご臨席賜りまして、心より厚く御礼申し上げます。
皆様がたより温かなお言葉をたくさん頂き、大変に嬉しく思っております。
皆様から頂いたお言葉は、私たちにとってこれからの励ましの言葉となると思います。
まだまだ未熟な二人でございますが、二人で助け合いながら笑顔のたえない明るい家庭を築いて参りたいと思っております。

何かにつけてご指導を仰ぐことになるかと思いますが、何とぞよろしくご指導ご助言下さいますようお願い申し上げます。
また本日は、行き届かぬ点も多々あったかと思いますが、ご容赦のほどお願い申し上げます。

結びになりましたが、皆様のご多幸をお祈り致しまして、簡単ではございますが私たち二人からのお礼の挨拶とさせて頂きます。

本日は誠にありがとうございました。

 

【親族編】
新郎の父○○でございます。
両家を代表いたしまして、一言御礼の挨拶を申し上げさせて頂きます。
本日は、ご多忙にもかかわらず、◯◯(新郎の名前)、◯◯(新婦の名前)2人の結婚披露宴にお集り頂き、誠にありがとうございました。

また皆様方には数々のお褒めのお言葉や激励のご祝辞を頂戴いたしまして、両名はもちろん、私ども親族一同にとりましても誠に光栄に存じます。
皆様に温かく祝福され、新しい人生を踏み出す事ができたという事は二人にとっても何よりの幸せだと思っております。

二人はまだ若くまだまだ未熟でございます。至らない所も多々あるかと思います。
今後皆様方のご指導を仰ぐことばかりかと存じますが、これまで以上の温かく厳しいご指導ご鞭撻を二人に頂けますようよろしくお願い致します。

結びになりましたが、ご出席頂きました皆様の今後のより一層のご健康とご多幸をお祈り致しまして、親族代表のお礼の挨拶とさせて頂きます。

本日は誠にありがとうございました。

 

ゲストへの感謝の想いを言葉で表す「謝辞」に関するマナーまとめ

  • 「謝辞」は、結婚披露宴を主催した人が行うのが基本
  • ゲストへの感謝の想いを伝えるという事を前提にして文章を考えましょう