披露宴出席時のお酒に関するマナー

披露宴出席時のお酒に関するマナーってあるの?

ゲストの方はお酌をして回る必要は特にありません。ゆっくりと披露宴パーティーを楽しみましょう。

お祝いの席だからといって、お酒は飲み過ぎないように。
酔いすぎには注意して楽しみましょう。酒癖が悪いといわれている方は要注意!

 

祝いの席だからと言って飲み過ぎはNGです

結婚式で意外と飲み過ぎてしまうのが、新郎新婦の親族になります。
親戚のおじさんがとても飲んでしまって、楽しく歌うまでは良いのですが、行き過ぎてカラオケ並みに歌い出すとか、笑いを取る為に新郎新婦の幼い頃の失敗談を面白おかしく話してしまうことがあります。

少しなら微笑ましいことも、限度があると大変なことになります。特に過去のことは、結婚する相手にも話していない、知られてはまずいこともあるかもしれません。
酔っぱらって過去談を話したばかりに、結婚が破棄されるなんて洒落にならないことにならないよう、注意しましょう。

 

大人“だから”お酒のマナーは分からないこともある

いつもの飲み会と同じつもりで飲んでいると、知らない間にペースを飛ばしてしまうものです。
特に新郎の友人は、披露宴の最中に一気!一気!なんて新郎に掛け声を掛けることもあります。
これは、新郎にも結婚式のスケジュールがありますし、酔い過ぎてその後の進行に影響が出ると大変です。

結婚式で煽られて一気飲みして、そのまま救急車を呼んだなんてことにもなりかねないので、招待された時には必要以上に自分にも、他の人にもお酒を飲ませようとしない方が良いでしょう。

 

お酒は自分から欲しいと要求しないこと

テーブル席には随時スタッフが順番にやって来ます。その時にお酒のおかわりを頼むことが出来ます。
これも何回も頼まない方が良いです。いつもよりも、量を減らすのは常識です。
また、間違っても、手をあげて『こっちにお酒のおかわりちょうだい!』なんて言わないようにしましょう。
結婚披露宴には新郎新婦の会社関係の方も出席していることが多いです。新郎新婦の顔を潰すようなことになるかもしれませんし、式もメチャクチャにしてしまうかもしれません。

 

基本はお酌の時に飲む

乾杯をしてから飲んだ後には、少し飲むのを控えるべきです。何故なら、披露宴の間には新郎新婦がお色直しに出ている間は、食事をする時間になるからです。
その時に、相手方の親族から挨拶代わりにお酌をされることがあります。その時には、あまり断れないですよね。
それに自分から立って挨拶することもあるはずです。その時に、足元もおぼつかないのは作法として問題があります。

 

お酒を必要以上飲まない為のマナー

お酒はお酌を勧められるシーンになったら、式場スタッフにグラスを空にしてもらいます。
そこでお酒を入れてもらって、少しの間はお酌をしていただいた方と歓談します。そして、話しの良いタイミングでグラスに入ったお酒を半分程飲み干します。こうすることで、相手には失礼になりません。
一気に飲むと酔いもまわってしまいますし、ぐいぐいあおっているようで美しいマナーとは言えません。

また、どんどんつがれない為には、少しグラスにお酒を残しておかないと、次から次へとつがれてしまい飲む。この繰り返しでは酔っぱらってしまいますよね。
ここは、お酒を必要以上に飲まないように、自己管理をしておく必要があります。また、お酒を楽しみたいのなら2次会以降へ持ち越す方が安全かもしれませんね。

 

披露宴に出席した時のお酒に関するマナーまとめ

  • 飲み過ぎて暴露話しをしないこと
  • 新郎に一気を煽らないこと
  • お酒はおかわりと大きな声で注文しないこと
  • お酌でされる時に飲むこと
  • 2次会まではお酒を控えめに