カテゴリー別アーカイブ: 新郎新婦・主催者

新郎新婦・主催者側にも、もちろんマナーがあります。ここでは、結婚式に”呼ぶ”側が身につけておきたい基本的なマナーを紹介しています。
2人の結婚を祝福するために、忙しい中を集まってくださるゲストのみなさま。招待客には心から感謝の気持ちを表しましょう。
日取りの決め方やお車代などのお礼、喜んでいただける引出物の選び方など、なかなかわかりづらい新郎新婦・主催者側のマナーを知っておきましょう。

お礼やお車代の金額や渡し方

結婚式出席者へのお礼やお車代の金額や渡し方

結婚式・披露宴で挨拶や受付をしていただいた方に、感謝の気持ちをこめてお礼を贈りましょう。

結婚式では、受付をしてくれた友人などにはお礼を、主賓として挨拶をして下さった方遠方から来てくれた方などにはお車代を渡すというのが一般的なマナーです。
ただ、このお礼やお車代に関しては、金額をいくらにするのか、いつ誰が渡すのかなど色々な問題が出てきます。
ここでは、ゲストに失礼のないスマートなお礼の渡し方について考えてみたいと思います。

 

金額はどうする?

お礼やお車代は、ゲストによって金額が異なるというのが通常のようですので、お願いした内容やゲストの立場などを考えた目安の金額を示してみたいと思います。

●受付の場合
受付をお願いするのは、新郎新婦の友人である場合がほとんどでしょう。他のゲストよりも少し早く会場に入ってもらって、場合によっては主賓などへお車代を渡してもらう役も頼む場合があります。
受付の場合には、3,000〜5,000円程度の現金か品物でお礼をするというのが一般的です。

●主賓、乾杯などをお願いした人の場合
挨拶をお願いした主賓や乾杯の音頭をお願いした人には、お車代として1万円程度を包むのが一般的とされています。
主賓は新郎側、新婦側と2人いますので、それぞれの名前でお願いした方に宛て「御車代」と書いた封筒を用意しましょう。

●遠方からのゲスト
遠方からのゲストの場合は、交通費に併せて宿泊代もかかる場合があります。
一般的には、2万円以上かかる場合にはお車代を用意するのがマナーとされています。
かかった費用を全額負担できれば良いですが、無理な場合でもせめて半分はこちらが負担するようにできれば良いですね。

 

タクシーチケットは必要?

主賓や遠方からのゲスト以外の出席者に対してもタクシーチケットなどを用意する場合もあります。
これは用意しないからマナー違反や失礼にあたるとは言い切れませんので、それぞれの判断で良いでしょう。
ただ、式場によっては送迎バスなどが用意できる所もありますので、事前にきちんと確認をしておく事が大切です。

 

お車代を渡すタイミング

新郎新婦が、お車代を当日に自分たちで渡すというのはとても無理だと考えておきましょう。
基本的には、親族にお願いするか、一番スマートなのは受付の人にお車代を渡す人の名前を伝えておいて、芳名帳に記入された際に渡してもらうというのが良いでしょう。
どうしても2人から渡したいという場合には、後日早めに持参するようにしましょう。

 

結婚式は、2人の力だけでは開く事ができませんね。
式を開くための少しでも協力してくれた人にはきちんとお礼をする事が大切です。
お車代もその感謝の気持ちの現れです。ここできちんとお礼をしておくのと、おかないのではその後のお付き合いも変わってしまう場合があります。

結婚式は、自分たちのためのものというよりは、日頃お世話になっている方々をお招きして結婚の報告をし、もてなす場なので、ゲストが快く出席できるような心配りをしていく事が大切ですね。

 

結婚式、お礼やお車代などのマナーまとめ

  • お願いした内容やゲストの立場などを考えた目安の金額を渡しましょう
  • 親族にお願いするか、受付の方にお願いして渡していただきましょう
結婚式、招待状は手渡しした方がいいの?

結婚式、招待状は手渡しした方がいいの?発送でも問題ないよね?

結婚式の招待状をゲストに渡す方法としては、郵送、手渡しの2通りの方法があります。基本的には手渡しをする方が良いとされています。

結婚式の準備は、想像以上にする事がたくさんあって大変ですね。
特に招待するゲストをリストアップして招待状を送るという作業はなかなか大変です。
新郎新婦でゲストの数を合わせたり、親族は誰を招くのかを両親に確認したり、挨拶、乾杯などをお願いする人を決めたり、考えただけでも目が回りそうですね。

でも、こうした作業を供にする事で2人の絆がさらに深まるという事もありますので、面倒がらずに楽しみましょう。
さて、ここでは先ほどから話しに出ている招待状にまつわるマナーについて少し考えてみたいと思います。

 

招待状の送り方

結婚式の招待状は、特別なものなので送る際には失礼のないようにしましょう。
招待状をゲストに渡す方法としては、郵送、手渡しの2通りの方法があります。
基本的には手渡しをする方が良いとされています。
ただし、遠方の人の場合には郵送で送るしかできませんので、郵送でも問題ありません

 

手渡しの際のマナー

招待状を手渡しする方が良い理由としては、相手に直接、結婚の報告と式への出席のお願いができるからです。
また、その際には最低でも3ヶ月前には招待状を届ける事ができるように計画を立てておくと良いでしょう。

会った時に渡せばいいやなどと考えていると、すぐに日にちが経ってしまうので、目上の人から順にいつ渡すのかという計画をきちんと経てておく必要があるでしょう。

 

手渡しの場合の宛名

招待状を手渡しする際には、基本的に住所は書きません。
お渡しする相手の名前のみを書くようにしましょう。

 

前連絡は必要?

手渡しで招待状を送る際には、突然相手の家などに持って行っても良いかというと、これはあまりよろしくありません。

特に上司や会社関係の人の場合は、事前に招待状を送りたい旨を伝え、いつ渡せば良いか相手の都合を確認してから持参するようにしましょう。
友人の場合もできれば相手の都合を確認しておいた方がスムーズに渡せるでしょう。

 

郵送の場合のマナー

遠方の人など、郵送で送るしかない場合もあるでしょう。
そうした場合も、事前に招待状を送る旨を電話などで伝えておく方が失礼がないでしょう。

また、遠方の人の場合には会場までの交通手段や宿泊先の確保などの都合上、できれば4ヶ月前までに連絡ができるようにするのが良いとされています。
宿泊先などをこちらで用意する場合には、その旨もきちんと事前に伝えるようにしましょう。

 

結婚式の招待状は、基本的には手渡しが理想とされています。
また、手渡しの場合でも事前に相手に連絡を取って、渡すタイミングなどを確認しておく方が良いでしょう。
招待状は、自分たちの門出に列席してもらう人への最初のアクションになりますので、まずここで失礼がないようによく心配りをするようにしましょう。

また、郵送する場合も慶事の切手を貼り、事前に電話などで招待状を送る旨を伝えるなど最大限の配慮をするように心がけましょう。

 

結婚式の招待状を手渡しする際のマナーまとめ

  • 目上の人から順に計画を立てて渡す
  • 招待状を手渡しする際には、基本的に相手の住所は不要
  • 事前に連絡をとって相手の都合の良いときに渡しましょう
本当に喜ばれる引出物・引菓子の選び方

結婚好き出席者に本当に喜ばれる引出物・引菓子の選び方

結婚式に出席して頂いた方に、お礼の気持ちと記念品の意味合いを込めて贈るのが引き出物です。
本当に喜んでいただけるものを選びましょう。

結婚式は何かと細かな準備が多いので、引き出物は全てのゲストに同じ物を贈るというケースもよくあるようです。

ただ、最近の傾向としては、ゲストの性別や年代などによって引き出物の中身を変える贈り分けを選ぶ人も増えてきています。せっかく贈るのであれば、通り一遍な物ではなく、相手に本当に喜んでもらえる物を贈りたいですよね?
少し手間はかかりますが、相手によって贈る物を分けるという方法はお勧めです。ここでは、そんな引き出物に関するマナーについて見て行きたいと思います。

 

贈り分けのポイント

引き出物は、1つではなく数種類贈る場合が多いので、全てをゲストに合わせて違う物にしていたら大変です。
そのため、引き出物の中の1つをゲストの好みに合わせたものにすると良いでしょう。他の物に関しては、誰もが喜ぶ実用性のある物を選んでおくと良いでしょう。
例えば、よくあるのはバームクーヘンや鰹節などの食品系の物ですね。これなら、消費されていくので一番無難なアイテムと言えるでしょう。

 

名前や写真入りってどう?

引き出物でたまにあるのが、2人の名前や写真の入った記念品です。
名前くらいなら、まぁ許容範囲かなと思われますが、2人の顔写真入りのお皿などを貰ったとして、どうでしょうか?あなたなら使いますか?飾りますか?
正直、家族でもない人の写真の入ったものを使ったり飾ったりするというのは、ちょっと抵抗があるのではないでしょうか。

また、最近では食品に名前を入れたものを贈る人も増えていますが、消耗されていくものに名前を入れるというのはあまり好まれないとも言われています。
カステラなどに名前が入っていると切って食べるので何となく食べる時に申し訳ない気持ちになるという人もたくさんいます。

浮かれ気分で引き出物を選んで、自分たちの写真や名前なんかを入れてしまいがちですが、本当に相手に喜ばれる物という点でいうと、こうした贈り物は避けた方が無難でしょう。

 

カタログギフトってどう?

最近では、カタログギフトを利用する人も増えてきていますね。
カタログギフトは、引き出物がかさばらないという利点と、相手が好きな物を自分で選べるという利点があります。

カタログギフトには、価格帯が様々ありますし、掲載されている品物も食品から衣料品、ブランド物、ホテル、エステ、レジャー施設の利用券など、様々なジャンルが1冊にまとめられていますので、選ぶ側の好みに合ったものが見つかる確立がとても高いと考えられます。
贈る相手によって、価格帯を変える事ができるという点でも便利なアイテムですね。

ただし、年配の方などの場合には、カタログギフトをあまり好ましく思わない方もいると言う事も頭の片隅に入れておいた方がいいかもしれません。

 

引き出物は、結婚式に出席して頂いた方へのお礼の気持ちを形にして届ける重要なアイテムです。
全員に同じ物を渡す場合でも、心を込めた品物を選んでいれば特に失礼に当たる事はありませんし、ゲストの方もきっと喜んでくれるはずです。
ただ、やはり本当にゲストの方が喜ぶ品物を贈りたいという場合には、贈り分けをする事をお勧めします。

 

引き出物を選ぶときのポイントについてのまとめ

  • 引き出物の中の1つをゲストの好みに合わせたものにすると良いかもしれません
  • 二人の名前や写真入りは避けたほうがいいかも
  • 最近は、自分で好きなものを選べるカタログギフトを贈る人が多い