タグ別アーカイブ: パール

出席者の女性が付けるアクセサリー。派手なゴールド類はタブーです

結婚式出席者で女性が付けるアクセサリー。派手なゴールド類はタブーです

結婚式や披露宴に参加する場合に無難とされているのがパール。主役である新婦さんより目立つのはもちろんNGです。

結婚式や披露宴に参加する場合、主役である新婦さんよりも目立ってしまうことはさけましょう。
そのため、結婚式や披露宴に参加する場合には服装や持ち物など、マナーに沿って準備をしなくてはなりません。
ドレスやバッグ、靴なども重要ですが、女性にはもうひとつ重要な装飾品があります。
それがアクセサリーです。

 

ハデなものがNGなのはわかるけど、具体的にどんなものを付ければいいの?

結婚式や披露宴にどんなアクセサリーを付けていけば良いものか、悩む女性ゲストも多いでしょう。
「光り物はNG」などといった昔から言われている言葉でなんとなく想像が付くものの、具体的にどんなものを付けるべきなのかわからない女性は多いと思います。

たくさんのマナーが風習としてある日本ではそのマナーひとつひとつを知識として頭に入ってる方は少なく、迷ってしまうのも当たり前です。

 

身につけるアクセサリーはパールが一番無難。だけど目立ちすぎないものを選んで

結婚式や披露宴に参加する場合に、無難といわれているのがパールです。
パールはお葬式のみと思ってる方も多いのですが、それは間違いです。

パールは冠婚葬祭すべてに使用でき、様々な服装に合うことから、華やかさをプラスするにはパールが一番無難なアクセサリーとして選択される方が多いようです。
ただし、結婚式は2度あると良くないという慣わしから、一連のパールネックレスをするのがマナーとされています。
2連、3連のパールネックレスは結婚式や披露宴では好ましくありません。

 

キラキラと輝く宝石類やゴールド系のアクセサリーは避けましょう

光り物は禁物であり、キラキラと輝くダイヤモンドなどの宝石類やゴールド系のアクセサリーはNGです。

自身の結婚指輪などの場合のみ許されますが、あとは基本的にダイヤなどはよくありません。輝く宝石類や大きすぎる石などはすべてNGとされていますので避けるようにしてください。

 

光の上品な石のアクセサリーをさりげなくつけるのは問題ありません

しかし、光の上品な半貴石はOKであり、珊瑚・翡翠・トルコ石・ラピスラズリ・ムーンストーン・メノウ・アメジストなどは、マナー違反にはなりません。

派手すぎるものはNGですが、このような石のアクセサリーはさりげないものだと大丈夫です。
あとはアクセサリーとして近年人気の高いコサージュやカメオなども問題ないでしょう。

コサージュはスーツなどにつけるだけで、とても華やかな印象になるので結婚式や披露宴では重宝すると思います。
カメオも昔からワンポイントのアクセサリーとして付ける人が多くいます。

結婚式や披露宴は参加側も華やかな装いでなければなりません。
しかし、目立ちすぎずマナーと節度を持って祝う者として参加することが大切です。

こういったマナーを取り入れて、ステキな結婚式や披露宴を彩り楽しみましょう。

 

出席者の女性が付けるアクセサリーのまとめ

  • 新婦より目立つようなアクセサリーはNG
  • パールを身につけるのが無難。だけど目立ちすぎないように
  • キラキラと派手な宝石類やゴールド系のアクセサリーは避ける
  • 上品な石のアクセサリーをつけるのは問題ありません