タグ別アーカイブ: 男性

結婚式に帽子をかぶって行くのはマナー違反?

結婚式に帽子やハットをかぶって参加するのはマナー違反?

普段のファッションで帽子は欠かせないという方も多いかと思います。
「結婚式でもオシャレな帽子を被って行きたいけれど実際のところどうなの?披露宴中も被って大丈夫なの?」といったことでお困りの方も多いでしょう。

友人や親族などの祝い事の代表でもある結婚式ですが、マナーは本当に色々あります。
特に今回は、わからなくて困っている方も多いであろう、帽子をかぶって行くのはオーケーなのかマナー違反なのかにスポットをあててお送りします。

 

帽子に対するマナーの考え方

チャペル式の場合は、帽子を取るのが礼儀になります。
しかし、そうではない場合は新郎新婦の好みもあるので、不安なら直接かぶって良いか尋ねるのもアリです。

しかし、問題なのは、新郎新婦が良いと言っても親族がダメだと思うパターンです。この辺りも考慮して、かぶって行くとしてもシックで無難なタイプに留めておく方が安心でしょう。

 

屋外でかぶるのは大丈夫

帽子は日差しが強いこともありますし、人によっては頭髪の薄さを隠したりすることもあるので、基本的に日光があたる屋外ではオッケーです。

 

室内では脱ぐのが基本

しかし、屋内に入ったら余程のことがない限り、帽子は取りましょう。そして、荷物と一緒に預かってもらいます。
ただ、最近ではファッションで室内でも帽子をかぶるということが多くなっています。
しかし、結婚式の場合はファッションではなくて、昔からのマナーに従う方が安心です。

 

屋外でも厳格にルールに従うなら×

本来は、屋外でシルクハットと燕尾服以外の組み合わせでは、帽子はかぶってはいけないことになっています。
しかし、今の時代、なかなかこの組合せで出席する結婚式も少なくなっています。
ただし、年配の方はこういうマナーに厳しい方が多いので、厳格にルールに従うなら帽子はNGということになります。

 

頭髪の病気で帽子が必要な人の場合は?

もし病気の場合で帽子をかぶらないといけない場合は、いっそのことと言ってはよくないのですが、欠席するという手もあります。
もしくは、結婚式だけ出席して披露宴には参加しないという選択もあります。
これは、帽子をかぶることでプライバシーを詮索されるのが嫌な場合は仕方のないことだと思います。

 

芸能人は例外でOK

テレビで芸能人が結婚式に出席する際に奇抜な帽子をかぶっている姿を見掛けることもあります。これは、芸能人の特例だと考えて下さい。一般人は真似をしないほうがよいでしょう。

 

結婚式で帽子をかぶるのはマナー違反なのか?についてのまとめ

  • 最近では、屋外で帽子をかぶるのはぎりぎりOK
  • 室内では、帽子は脱いで荷物と一緒に預けること
  • 頭髪の病気の場合は、プライバシー保護の観点から披露宴には欠席するのも有り
  • 厳格なルールに従うならシルクハットと燕尾服以外に帽子をかぶるのはダメ
二次会の服装

結婚式二次会の服装って結婚披露宴と同じ服装で大丈夫?

二次会ではあまり肩肘張らず、フォーマルな服装で問題なし。結婚式・披露宴に参加していた場合はそのままの服装でも大丈夫。

結婚式の二次会は、披露宴に出席した流れで二次会へ参加するケースと、二次会のみ出席をする2つのパターンがありますね。

 

披露宴から二次会へと参加するケースはそのままの服装で

結婚式の披露宴に出席をし、そのまま二次会へ参加する時には、洋装の方は披露宴で着用したドレスやスーツのままでも問題ありません。

ただし、和装で披露宴に参加した方は、着替えた方が動きやすいというメリットがありますし、主役の新郎・新婦よりも目立ってしまう場合がありますから、控えた方が無難となります。

披露宴に参加する時には、受け付けを済ませてから荷物をクローズで預けることも可能ですから、着替えを持参しておくと便利です。

 

平服でOKの場合でもカジュアル過ぎはNG

平服でOKと書かれている場合でも、カジュアル過ぎる服装は浮いてしまうことがあります。
二次会とは言え、フォーマルな場である事には違いありませんので、女性ならワンピース男性ならシャツやジャケットスタイルなど、“セミフォーマル”な服装を心掛けましょう

 

二次会のみ参加の方は張り切り過ぎないこと

二次会のみに招待された方は、パーティーだからと言って、度が過ぎるフォーマルファッションも二次会では好ましくありませんので、張り切り過ぎにも気を付けましょう
男性の場合は、落ち着いたカラーで普通のスーツでしたら何の問題もないと思います。

もちろん、二次会といっても1.5次会のようなフォーマルな会もあれば、友人同士だけで集まった飲み会のようなパーティーもあります。
どのような二次会なのか確認できる場合は、事前に新郎や新婦に訪ねておくこともアリです。

 

露出や白など結婚式でタブーとされている服装は二次会も同じ

結婚式の二次会でも、披露宴と同様に最低限のマナーを守ってドレスアップすることが大切です。

例えば、花嫁をイメージする白のドレスや露出の多いドレスは、二次会でもNGな服装となります。
ファーのボレロや、黒のストッキングは好ましくないという意見もありますが、近頃はそれほど厳しいマナーがありませんので、二次会でしたら着用しても問題はありません。
ただし、どうしても不安だという方は、控えた方が無難であることには違いありません。

 

二次会での服装についてのまとめ

  • 披露宴から二次会に出席する場合は、そのままの服装が望ましい
  • 和装は主役の新郎・新婦より目立ってしまうこともあるため避けた方が良い
  • 平服でOKの二次会でもセミフォーマルな服装を心掛ける
  • 披露宴での服装に関するマナーは、二次会でも守ることが無難

胸元のオシャレ。結婚式でのスーツにはポケットチーフで男力アップ!

ポケットチーフで男力アップ!上品で洗練されたイメージを与えてくれる胸元のオシャレは、結婚式の様な華やかなシーンで活躍します。

結婚式というフォーマルな場面。スーツを着用する男性は「ポケットチーフ」を胸元にコーディネートするようにしましょう。

 

ポケットチーフは生地の素材選びから

ポケットチーフの生地の素材では、「麻・綿・シルク」が主流となっています。
特に細かい決まりはないので、それほど気にせず好みの素材で選んでも構いませんが、午前中や日中など明るい時間帯では、麻(リネン)素材や綿素材が軽やかな雰囲気が出るためおすすめです。

シルクは、なめらかな肌触りと光沢感がある素材のため、とても上品な印象を与えるので夜の結婚式に向いています。
また、麻や綿に比べてふっくらとした厚みが出るため、冬スーツとの相性が良くなります。

 

何色でもいいの?ポケットチーフの色と柄の選び方

結婚式のようなフォーマルなシーンでは、ポケットチーフのカラーは何色を選んでも良いというわけではなく、「白」が基本となります。
近頃は、真っ白ではなくても白に近い「シルバー」でもOKですが、できるだけ白に近いカラーを選ぶようにしましょう。

ネクタイの色に合わせてポケットチーフも揃えるスタイルもありますが、フォーマルなシーンでは、カラータイプを避けるのがマナーとされていますので気を付けましょう。
また、柄物ではなく無地デザインのポケットチーフを選ぶようにして下さい。

 

印象が変わるポケットチーフの折り方と挿し方

ポケットチーフを身に付ける時には、色々な折り方と挿し方があります。

スタンダードな折り方として、ビジネスシーンでもよく見かける「スクエア」などがありますが、カジュアルさが出てしまうため結婚式では避けた方が良いでしょう。

結婚式では、「スリーピークス」という折り方が主流で、ポケットチーフの使い方としてはスリーピークスが正装スタイルとされています。

ポケットチーフを三角形に折っていき、胸元から角を覗かせたスタイルとなりますので、スッキリとしたスクエアよりも華やかさがあり、フォーマル感が出て結婚式の雰囲気にマッチします。
この他にもパーティー向けの折り方はいくつか存在しますので、男性の方は何通りかポケットチーフの挿し方を覚えておくと便利です。

スリーピークスの折り方

 

結婚式のようなフォーマルなシーンでのポケットチーフについてのまとめ

  • ポケットチーフの素材は結婚式の時間帯や季節によって考える
  • 結婚式ではポケットチーフのカラーは無地の白が基本
  • シルバーなど白に近いポケットチーフはOKだがカラーは避けるべき
  • ポケットチーフの折り方はスリーピークスが正装スタイル
ネクタイは白じゃないといけないの?意外と悩むネクタイの色や柄

結婚式出席者のネクタイは白じゃないといけないの?意外と悩むネクタイの色や柄

結婚式に着けていくネクタイは絶対に白でないといけないの?柄は入っていたらダメ?など、結婚式出席者のためのネクタイのマナーについて説明していきます。

男性の場合、結婚式に出席をする際には洋装のスーツを着用していくことが多いですよね。
ネクタイの選び方にもマナーがありますので、非常識と思われないようきっちりポイントを抑えておきましょう。

 

黒のネクタイは結婚式では縁起が悪いためNG

黒のネクタイは「喪服」を連想させるため、結婚式では縁起が悪いカラーとなりますので、着用するのは避けましょう。

ネクタイに華やかな柄をあしらっているデザインでも、黒ベースのネクタイは暗い印象になってしまいますので、結婚式では控えた方が無難です。

 

白いネクタイが嫌という場合は別のカラーネクタイでもOK

結婚式で男性が着用するネクタイとして、白のネクタイを締める事が基本とされていました。

しかしながら、近頃では白のネクタイを身に付けているのは、比較的年代が上の方ばかりです。
そのため、若い世代の方では、白のネクタイは年配者が身に付けるものというイメージが強いことから、フォーマル仕様な“カラーネクタイ”を着用する男性も増えてきています。

カラーネクタイでしたら、種類も好みに合わせて選べますので、白いネクタイが嫌だと感じる方はカラーネクタイで代用しても問題はありません。

 

光沢のあるネクタイはフォーマル向きなので結婚式にピッタリ

シルク素材など、光沢感のあるネクタイは高級感が漂っていますので、フォーマル向きのネクタイとして結婚式でも利用することができます。

シルバーやライトグレーなど、白っぽく光沢感のあるネクタイが人気となっていますが、華やかなピンクも結婚式には評判の良いカラーネクタイです。

結婚式はおめでたい席ですから、明るめのカラーネクタイでしたら問題ありませんので、年齢に関係なく好きなカラーを選びましょう。

 

ネクタイの柄。派手過ぎは避けて常識の範囲内で楽しむ

ストライプ、チェック、ドット柄など、ネクタイの柄として定番の物は問題ありませんが、結婚式用に身に付けていくネクタイの柄は、「アニマル柄」と呼ばれる動物の皮をイメージしたヒョウ柄やゼブラ柄などは、結婚式では避けましょう。

ハート柄など結婚式をイメージさせるポップ柄でしたら、周りの方が不快に感じることはないかと思いますが、常識の範囲内でデザインを選ぶようにしてください。

 

ネクタイの選び方についてのまとめ

  • 黒や黒ベースのネクタイは柄モノでも縁起が悪いのでNG
  • 白のネクタイは結婚式向けとして年配者を中心に愛用されています
  • 若者の間では白よりもカラーネクタイが主流になってきている
  • シルバーのような光沢のあるネクタイが結婚式向け
  • ネクタイの柄入りはOKだがアニマル柄はNG
男性が履いていく靴について

結婚式で男性が履く靴のデザインや色について

オシャレは足元から。フォーマルな場面では靴の選び方にもマナーがあります。フォーマルシューズをかっこよく履きこなし結婚式を楽しみましょう。

結婚式のゲストに招かれた際に、男性はついついスーツやネクタイに気を取られて、履いて行く靴について無頓着になりがちです。
しかしながら、フォーマルな場面では靴の選び方にもマナーがあります。
恥ずかしい思いをしないためにも、しっかり基本的なマナーは心得ておくようにしましょう。

 

結婚式のメンズシューズ。黒しか選んではいけない。というわけではありません

結婚式などフォーマルな席では、黒の靴を履いて行くことが正式なカラーとされていますが、絶対に黒でなければいけない。というわけではありません。

例えば、スピーチを頼まれていたり、親族の結婚式に出席するような時には、大人のマナーとして黒の靴を選んだ方が無難だと言えます。

しかしながら、近頃は結婚式のようなおめでたい席では、堅くなり過ぎないオシャレを楽しむ男性も増えてきました。
そのため、通常のゲストとして招かれた際や平服でOKというような式でしたら、ブラウン(茶色)系の上品な革靴でも問題ありません。

自分の立場を考えて、臨機応変に対応することができるよう、基本は黒がフォーマルな靴であるという事だけ覚えておきましょう。

 

結婚式で履いて行く靴は、デザインにもマナーがある

ストレートチップ
出典:http://www.fight.co.jp/shinshi/straightsoto.html

男性がスーツの時に選ぶ靴のデザインですが、結婚式ではヒモ付きの「ストレートチップ」が正装向けのフォーマルシューズとなります。

シンプルなデザインが好きな方は、「プレーントゥ」でも良いのですが、つま先に「メダリオン」と呼ばれるデザイン穴が開いていない靴を選ぶようにしましょう。
メダリオンデザインは、とてもオシャレなデザインなのですが、フォーマルな席ではあまりふさわしい靴ではありません。

 

結婚式の時はNGとされている靴の種類

クロコダイルの型押しなどは、例えイミテーション物でも結婚式にはNGの靴となります。
高級感があるため素敵なデザインシューズにも見えますが、動物の皮や毛をイメージさせるデザインは、結婚式では縁起が悪いものとされるため、シンプルな革靴を選ぶようにしましょう。

それから、ブーツ丈のシューズは当然結婚式にはふさわしくない靴となりますので、短い丈のブーツでも控えましょう。

 

結婚式に男性が履いていく靴についてのまとめ

  • 結婚式で男性が履いて行く靴は黒を選ぶのが基本です
  • 通常のゲストや二次会の席ではブラウンの靴でもOK
  • ヒモ靴、プレーントゥがフォーマル向きのデザインです
  • つま先に穴のあいたメダリオンデザインは控えるべき
  • 動物の皮や毛をイメージさせる靴は縁起が悪いためNG